• Kiyoko

『大丈夫』の力

おはようございます~🌄

朝焼けがとても綺麗な朝です。

定期的に入ってくる 日本情報。 と~っても寒いそうですね❄

日本の皆様 くれぐれもお体ご自愛下さいませ。

定期的な日本情報と共に 「心配アプローチ」 も 時々入ってきます(笑)

ここ数年マメにしている SNSによって 私自身気をつけては居る物の やはり それによって 時には心配して下さる方が居て 本当に有難い限りですが。 (もしかしたら 私自身、自覚無く「心配して~」「私をかまって~」って 甘えてる感があるのかもしれない事も否めませんが💦) もはや 私の中ではそれも必要枠と言う事で(☺

なので・・・ 今日のテーマは

【心配】

とかく

「親は心配症」 我が子や 家族の心配をしない方はいませんね。 とにかく「大切な人」であればあるほど その人の事を案じる物です。

私も かなりの心配症だったのは確かです。

そう、「だった」です。

今は 嬉しい事に本当にその半分以下に なったのではないでしょうか。

全てが

【自分を愛する】事の発見のお陰だと思っています💖

『心配の定義』として

大好きだから・大切だから➡ ➡気になる➡ ➡その人の事を全部知りたい➡ ➡知らない事を受け入れにくいので 事実よりも先に妄想してしまう➡ ➡過去を思い出してしまう・見えない未来を妄想してしまう➡

➡『心配でたまらな~い❕』

になるのではないでしょうか。

全く気にならない事、人の事は心配にはならないですものね。

でも、 『心配』には 本当に多くの落とし穴があると 私は思っています。

本当は 大好きな大切な人だからこそ、

元気でいて欲しい、 自由でいて欲しい、 幸せでいて欲しい、

なはずなのに

この心配により

本当に多くの糧を 相手に背負わせてしまうし 勿論 自分自身も背負ってしまうのです。

とかく

心配した時って モヤモヤ、 ハラハラ、 ドキドキ、 ソワソワ、 そしてイライラ

になりますよね。

これら全てが 負の感情の場合 心と体を蝕んでしまう事でしょう。

だから、 相手に心配した事を伝える時には

本当ならば 「あぁ~良かった~~~~~~☺💖」

だけなはすなのに

こちら側の 『負の感情』も伝わってしまうのです。

すると勿論 相手だってこちら側を案じているはず

だから「心配かけたくない」 と思い・・・・

「やっても教えなくなる」 「やっても やってないと嘘をつく」 「いざ助けて欲しくても言えなくなる」 更には 「やりたい事をやらなくなる」 もしくは 「離れていく」・・・

と 言う循環になります😢

これは完全に こちら側の意図するところではありませんよね。

だって

大切な人ほど 「その人の事を知りたい」 「その人の側に居たい」 「その人の力になりたい」 「その人の思う生き方をして欲しい」 そして「幸せになって欲しい」 と、心底願っているのですから。

そして勿論 「人の事が心配」な人は 自分と置き換えている事が原因なので

「自分の人生も心配だらけ」

なのは明らかです。

あぁ~~~~~~~~~

辛いよね~~~~~~~😢😢😢

だから・・・

答えは簡単

『自分の人生を心配しなくなれば良いのです!』

周りの事や周りの人を心配している人って 決して『思いやり深い』のではなく、 本当に単純に 要らない情報や 負の妄想が 多い時(人)ですから。 自分の人生に不安な事や後悔が多くなり それを周りの事や周りの人に投影してしまうから 不安になり、心配になるのですもの。

勿論、

「自分は自分・人は人」

って 完全に分離出来れば また別ですが

大好きで、大切な人ほど 『分離出来ない』のが事実です。 だから「人の心配はしなくていい」 にした方が 断然よくて、

そのためには・・・

【自分の人生に不安を持たない】❕❕❕

これって 難しそうで 実は簡単!

そう、 『自分自身を愛する』  だけですよ~~~

今や 色々なところで沢山目にする、耳にする 『自分を愛する』

これは決して 自己中心や我儘なんて事では 全くないのです。

「人を愛するには 人に愛してもらうには まず、自分が自分を愛するべし」

これこそが本当に本当に 自分と そして周りの人全ての 健康と、幸せと、世界平和に繋がる事です。 もし、今何か不安や悩みを抱えていたら・・・

まずは自分自身に たっぷりと愛情を注いであげて下さい。 やり方はいくらでもあります✰

ヨガも アロマも ブライトセッションも 私にとっては確実に有効です。

「今日の笑顔」の為にも 「明日の心配」は排除してね♪

いつも、どんな時でも、何があっても 『大丈夫~🎶』

を 呪文にしてみましょう✌

今日も一日 笑顔でお過ごし下さいませ✰

0回の閲覧
Gradient Test Radial 1.png