• Kiyoko

『Friends』💑

こんにちは、Kiyokoです🌞

模様替え~🏡

と、言ってもお家ではなくて・・・

ご覧の通り、ブログサイト(笑)です。

アラフィフ女史の チャレンジブログ、 (いつになったら慣れるんだろう(^^ゞ)

いかんせん、英語だらけの環境で、 なんとか自分で出来る様 (あ、基本旦那さんが助けてくれないと IT関連全く分からないので💦) アメブロにしようと思ったのですが・・・

やっぱり なんとか ここで・・・・ 四苦八苦、試行錯誤、日々精進です☺✌

そろそろ コメント欄を作って 皆様からのご意見や ご感想、 コミュニケーションも取っていけたらと 考えては・・・ いますので(;^_^A どうぞ宜しくお願い致します💖

さてさてさて、今日は とても色々な事を話してくれる次女メロン15歳

多感な時期ですから 心の状態は朝から晩まで ジェットコースターの様にアップダウンです💦

そんな彼女の最近の交友関係を 聞きながら、

「友人関係」について 改めて考えさせられています(・_・D

多くの人がそうである様に

私もこれまでの人生で

どれだけの友人達に 助けられ、救われ、支えられて来たか

言い表せない程の 想いと感謝を抱いています💖

『友達こそが 何よりの財産』

と 何はさておき、 友人関係を大切にしてきたつもりです。

お陰様で

母国を離れ 20年経った今でも 地元の友達や 学生時代の友人との 交流は途絶えず、

親元を離れてからの出会い、

慣れないアメリカ暮らしでの出会い、

結婚しパートナーからの繋がりの出会い、

子供の年齢と共に色々な場で色々な人達と出会い、

とにかく、

常に 素敵な出会いと共に 素敵な繋がりを持ち、 素敵な時間を過ごさせて頂き

今に至ります。

そんな中、 ちょっと前までのにとっての 友達の意味に気づかされたのです。

これまでの私にとって

「友達」とは「共立ち」だったんだ!!!

同じ位置で 同じ気持ちで 同じ向きを向いて

立っているのが友達。

何かしらの共通点があり、 自分の気持ちを言っても 否定されない

同じ気持ちを持つ人と 同じ方向を向いて 「行っても大丈夫だよね 一緒に行こうよ 行かなくてもいいよね 一緒に止めようよ」

と 自分が間違っていないか、 周りから外れていないか 確かめ合う存在。

特に多感な時期や 何よりも自分に自信がないと そんな友人関係がとても有難く、 心強い事は間違いありません。

そして 長きに渡り 「自分の存在価値を しっかりと認められなかった私」にとって

友達 とは 共立ち だったのです。

だからね、

「友達」って 会える(コンタクトとれる)範囲だと思ってたし 嫌われない様にしなきゃって思ってたし、 何よりも失うのが怖かった。