• kiyoko

セドナ絶景を見て…号泣⁉️


うわぁ〜っ!!!


本当に

Subwayだぁ〜っっっ


🚇🚇🚇🚇🚇🚇🚇🚇



Sedona/セドナ

“ Boynton Canyon

ボイントン・キャニオン”

にある Subway cave


がこちらです🤩




この反対側はこんな場所



どうやってここに

登ってきたかは


ひとまず

ご想像にお任せします。




正に

これまでの疲労感が

いっきょに吹き飛ぶ絶景です。


何が凄いってね…




この絶景を

完全に独り占め


ですよ〜



歩いて来た

道のり同様


人っ子1人見えない

この大自然以外は

何も見えない

何も聞こえない



贅沢過ぎる時間でした✨



女子達で写真撮影して




瞑想して



20〜30分ここで

た〜っぷり休憩したんです。



その間

だ〜れも 来ない



正に秘境🤩🤩🤩



はぁ〜っ本当に贅沢✨


と、


地球を

自然を

存分に楽しみ



そして…

さぁ 帰ろう❣️







ところが、ここから

とんでもない事になるんです❗️



きっと、

ここまでどうやって

登って来たのかを

想像していただけるのが

ここからのお話になると思います。




「帰ろう 帰ろう〜っ!」


と、


若者達は

滑る様に 

降り始めました。






その様子と

行き先を見た瞬間





私は

足がすくんで

動けなくなってしまったのです😱


血の気が引いて

その場に座り込み

しばし、

途方に暮れる私に





「マミー、早く降りておいでよ〜!」





下から聞こえたその声に

心の糸が切れた実感😳




「I can’t,

I can’t,

I CAaaaaaaaaaaN’T!!!」



と叫んで号泣し始めたのです😱




これまで、

気づかないふりをしていた


不安と恐怖が

いっぺんに溢れ出て来た瞬間です。

(ここまでの道のりは

前回までのブログをご覧下さい)





私達以外

誰もいない

壮大過ぎる

大自然の中


一人で登る事も出来なかった

この崖から

降りる恐怖


いつもなら

こんな時に

必ず支えてくれている

旦那さんがいない不安




絶対一人では降りれない確信で


私はパニックになってしまったのです😭








「オーマイ・ガ〜」




と 娘達が戻って来て

なきじゃくる母に

若干 引きながらも



次の行動は…






「大丈夫だから」

「怖くないから」

「助けるから」

「ゆっくり行けば大丈夫だから」



と…


まるで子供の様に

しゃくり泣く

私の背中をさすり

落ち着かせてくれて




「大丈夫だから、行こう」


と、

一人が手を取り

一人が足場を指示して

一人が後ろから支えてくれて