• Kiyoko

三姉妹のまん中

今朝は親子で5時起きで…


早朝空港へと行って参りました✈️



その理由は…

「別れ」



今日は次女のお話しです。


我が家の3姉妹、

次女は現在16歳。

アメリカでは“ sweet 16 ”

と言って、女性への仲間入り的な?

お年頃。


日本同様、

アメリカのハイスクールライフと言えば

青春真っ盛りの 一番楽しい時期です。



でも、4年間ある高校生活の

前半2年間、次女は中々エンジョイしきれず

転校まで考えた時期もありながらの…



運命のお導きのまま

丁度一年前に 引っ越した我が家。

その 転校先で 次女はベストフレンドと

巡り会う事が出来、


それはそれは

楽しいハイスクールライフを送っていました。🤩🤩🤩






その BFF(ベストフレンド)が…




1年間のアメリカ留学を終えて

今朝、イタリアへと帰って行ったのです😭





〜良く聞く三姉妹の次女の特徴〜


社交性があり、協調性高く、思いやり深く、

好奇心旺盛、クリエイティブで、適応力に長けている。


素晴らしい〜👏👏👏

良いところだらけですよね〜🤩🤩🤩




まさに社交性と協調性の高さ、

好奇心と適応力

そして何より彼女の思いやりが



家族と自国を離れてたった1人、

1年間もの長い留学生活を始めた同級生と

こんなにも仲良くなれた要因である事は

間違いないと思います。







なのに…

そんな次女に対して

私は母として 長年 悩み続けたのでした。



長女で 私の子育て生活が始まり

とにかく知らない事だらけ、

新しい事だらけ、


これまで生きてきた

自分の経験と学びでは

どうにもならない事ばかりに

日々チャレンジ、試行錯誤の毎日です。



長女の誕生から約4年後、

なんとなく『子育てを知った気になった』

私が次女を授かり、


同じ環境で、同じ体から出てきた子なのに、

何もかもが違う事に 驚き戸惑い、


この頃には、徐々に

子供が「親の所有物ではない」

と言うことに気づかされるのです。



そして日々、親として学び

子育てに正解などないと思え始め

余裕が出てきた頃に三女を授かり、


いかに子供の成長が早いかを知った私は

やっと三女で

“育児を楽しむ事に意識をする”

事をはじめました。


そう、まだこの時点では

“意識をするだけ”

できるできないは別の話です🤣🤣🤣



とにかく!

子供と違って

親の成長は「亀の歩み」です😓




真面目で、慎重で、

決して親の手を離れる事など

なかった長女とは正反対に


ちょっとでも目を離すと

どこにいるか、何をしているか

ヒヤヒヤさせられる次女に、


当時、三女の育児に追われていた私は

「 every day is full of surprises ❣️」

(毎日が驚きでいっぱ〜い🤩🤩🤩)



と、楽しむ余裕等 全くありませんでした。



それでも

だんだん頭ではわかってきていたのが、


「子育ての醍醐味は

守る事ではなく、やらせてあげる事」


けれど、

それがうまくできずに

今度は自分を責めはじめていたのです。



次女の“好奇心と思いやり”は、

周りが見守る事さえできれば

本当に素晴らしい、最高の

「本能的能力」です。



けれど私は当時、親として、

「リスクを最小限にする事」

ばかりにフォーカスしていました。



怪我をしないように、

怖い思いをしないように、

人から嫌われないように、

人に迷惑をかけないように、

世間から外れないように、

そして、

二度と帰って来れなくならないように…



もちろんそれが

親として当たり前

と思われる方は多いと思います。


そして それらをとても上手に

こなしているお母さんにも

私は 出会った事もあります。



でも当時の私のやり方は、

確実に 子供達を

「枠の中へと入れようとしていた」

と思うんです。


それを当たり前?安心と感じ なんの疑いも 持たなかった長女とは 反対に


次女は…

窮屈に感じながらも

でも大好きなパパやママの為に

一生懸命 枠にはまろうとしながら

居心地の悪さや、時には出来ない自分が悪いと感じる時もあったのではないでしょうか。




忘れもしない、

ありえない思いがあります。


それは、

「私が親じゃない方が

この子は もっとのびのび育つ事が出来て

幸せなのかもしれない、私が育てたら

この子はダメになる」😭😭😭



その時に私は生まれて初めて考えました。


兄弟を差別する親。

子供を手放す親。

子供を捨てる親。


昔は全てを

あり得ない、考えられない

『酷い事』だと

思っていたけれど…


その時気づいた

一重に

一重に

ただ一重に、

親自身が

「自分に自信が無いからこそ」

起こる事だと言う事。


私だって、

自分から手放す事など 出来る訳など無いのに

自分に自信がないからこそ、ふとよぎった思いです。


そしてそんな思いを抱える時、

抱える親は、

少なくはないと思うんです。


決して、


子供達への愛や思いに差があるんじゃない

子供達への愛と思いが深いからこそ


「自分の事は愛せない」自分が

「愛する我が子から愛される事」に

耐えられなくなるのです。😭😭😭






次女のお話から

ずれてしまいましたが…



そんな私にとって、

“次女の好奇心と思いやり深さ”こそが

正に!!! 神の御慈悲🤩


「私が母でいいのだ」

「私は我が子達の世界一のお母さんなんだ」


と、

気づかせてくれた事は

間違い無いのです❣️




アメリカに長年住んでいて、

自分が三姉妹を持った事からこそ?

集まった私の中の統計があります。


母国を出て外国に行く、

外国暮らしをしている女性に

三姉妹の次女が多い事!!!

(あくまでも私調査です🤣)




小さい頃から、

1人で何処かに行くのを怖がる姉の

手を引いてどんどん前に進んでいった次女


甘えん坊の妹、

何処にでも付いてくる末っ子を

いつも優しく 誰といても どんな時も

仲間に入れてあげられる次女


一人でいる子を見つけると

必ずお友達になって帰って来る次女


自分のものは全て人に与え、

人から与えられるものは

例え 悲しみや憎しみであろうと

全てを受け入れる次女




何一つとして

三姉妹の次女だからとは

言い切れないけれど…


昨日の

「長女の魂」

が それであるように、

「次女の魂」

の 様な気もします💖



で、

BFFとお別れした 次女の行く末は…



相変わらず、私には想像もつきません🤣


けれど、

母がリスクを恐れなくなった分

次女の羽が広がるのが見えるんです🤩

大きく羽ばたく準備をしている事は

間違い無いと思いますよ〜✈️🇮🇹



本日の長文、

読んでいただきありがとうございます🙏🏻




【香油瑜伽】


赤を選ぶと

感情に素直になれる❣️


Have a nice day !


起世子

































92回の閲覧

最新記事

すべて表示

苦難は魂の成長の為に❣️(怖かった〜😓)

流石に… アメリカ生活20数年の私でも 体験した事の無い恐怖でした。 週末の出来事です。 家族皆が寝ている深夜に 泥棒‼️😱😱😱 犯人がまだ捕まって無いし 何よりも ただ、 人々に無駄に不安を煽る事だけは したくないので 詳しい事は言いませんが。 そんな事が起こっても やっぱり… 家族みんなが無事である事の 有り難さと 決して日常が当たり前でない 事こそが事実🙏🏻 そして何より 家族、夫

Gradient Test Radial 1.png