• Kiyoko

別れが悲しくない理由😘

おはようございます~Kiyokoです🌞

暑い暑いアリゾナで 毎日が だらだらな様で 充実中😆

何処にも行かず、 何もしていない様に見えて

実は 毎日 沢山の出会いと 変化を感じています💖

でも 今週の私のテーマは どうやら

「別れ・離別」

自分自身と 身の回りに起こっている

出会いからの「別れ」

突然の「別れ」

「別れ」の決断

みたいなものが目についています。

皆さんは

「別れ」を どの様に捉えていますか?

私は今、 その時 その時にお別れする方と

ただただ、熱い抱擁を交わすのみ

これまでの感謝の気持ちと 出会た喜びを感じながら

そしてそれは 出会いの時の「喜びと感激のハグ」と なんら変わりありません。

涙もろい私が泣かないのは

それが終わりだと思っていないから。

以前の私には 確実に そして単純に

出会いは 嬉しいもの 別れは 悲しいもの

の 思い込みがありました。

別れ=もう二度と会えない 的な???

でも、

いつもお話しするように

本当の事実は

ただただ

「今ある事全てが奇跡」 「明日があるのが当たり前ではない」 だけ。

別れが辛いと感じる場合の多くは

明日がくるのが当たり前の様に生きてる 場合が殆どです。

「そんなの皆思ってるよ~」

と、おっしゃるなかれ・・・

言葉では、 「明日があるとは限らない」は 分かってると 思いきや

実際には「別れの悲しみ」

とは

「未来への不安」

がある人(場合)です。 ・我が子の将来、 ・両親や自分の老後、 ・経済的不安、 ・健康への不安、 ・地球汚染にいたるまで・・・

これらを

「心配・・・😰」

と 感じる時は 確実に 取り合えず

「明日が来るのが当たり前」

が前提です。 (ある意味 それは幸せな事です✌)

だから 「別れの悲しみ」 に繋がってしまうのです。

別れの悲しみを味わいたくなければ

未来への不安

ではなく