• Kiyoko

友情と恋愛🙄

こんにちは~ Kiyokoです🌞

先日のブログで

娘のお友達(女子高生)が 日本からホームステイに来るお話しをしました。

次女メロンと二人で

LAXまで お出迎えに来ておりま〜す✈️

今日からやって来る彼女は

娘(次女メロン)の同級生であり、 事実日本で 小学生の時に 仲良くしてくれたお友達なのですが・・・

実は ぶっちゃけ 前回の「ゆるベジシェフ」Misakoさん

同様、良く知らない方(爆笑)

何故なら その子は 小学校2,3年生の時に 遠くに転校してしまい、

それから7年間 全く連絡を取るでもなく、

なのに・・・

この度 日本で再会して そんなブランクはミジンも感じさせない程

しっくり、すっかり お互いに 絆を深め、この度の 計画まで至ったのです。

そして・・・

そんな出来事に重複して 娘に起きた 出来事があります。

先週、 全く新しい新学年を迎え、

ドキドキな初日を迎えた子供達、

次女メロンが帰宅早々

超 興奮しながら

「マミー! マミー! 誰がクラスに居たと思う!?!? ○○君だよ!○○君!!」👦🏻

これまた 幼稚園から小学生の時に ここ アリゾナで遊んでいた同級生。 8年前に アリゾナから日本に帰国してしまい

時々 アリゾナに遊びに来る事はあっても 娘と そこの息子さんが合う事は 全く無かった二人、

この度、 再びアリゾナに帰って来られた事は 聞いていたのですが、 まさか 同じ高校に通う事になるとは 思ってもいなかったのです。

娘にとっては 尚更そんな情報も 無い中、新学期クラスで 聞き覚えのある 日本人の名前だなぁ~

と 振り返り、 すっかり青年に成長した彼を見て

「???」 「○○?」 と 話かけたら

「そうだよ、メロンだよね?」

と 向こうも覚えていて💓

なんとも 劇的な再会を迎えたそうです😍😍😍

帰宅そうそう、 小学生の時に その子から貰ったカードを 探しはじめ、

私に似て 物持ちの良いメロンは 昔 昔の 彼からのカードを見つけ 大喜びの 大興奮!

翌日その子にカードを見せたら その翌日、その子は メロンから届いた返事を持って来て・・・💓

なんと お互いにしっかり持っていたカードを 見せあって とても盛り上がったそうです😊😊😊

話を聞くだけでも なんだか すごくほっこりして

何よりも こんなにも喜んでいる 娘の姿が 本当に微笑ましい😍

と、 ここで 補足したいのが

今の所 10人にこの話をすると 10人みんなが

「あらあら~😏それは恋に発展かしら~💑」 な 反応が返ってきます。

でもね、 私にとってこれは

「男女の出来事」

とは 全く捉えていません。

勿論 この先どうなるかは 分からないし、 ましてや そう思わない理由が 親として 我が子にそれを望まないから とか言う、依存でもないですよ!😆

ただただ、

今日からホームステイに来る彼女同様

「幼い頃に 楽しく遊んだ思い出のある 大好きなお友達との 嬉しい再会💓」

と 言う お話しなのです。

二人は 15歳 勿論 恋心芽生えるお年頃である事は 否定しませんが

現時点では メロンにとっての 女の子のお友達も 男の子のお友達も

本当に同じ位の 大切な 懐かしくて 嬉しい存在。

そして それを 周りが 色々な脚色をしない様

私は 暖かく見守ってあげたいと 心から思っているのです。

なぜなら・・・

私には ここ数年で 目からウロコが落ちて「気づいた」

「思春期の恋愛」の持論

があります。

3人の娘を持つ私ですが

自分自身が 本当に幼い、もう幼稚園の頃から 男の子を意識しはじめ、 小学校で彼氏だの、彼女だの、 中学高校は 本当に 男の子の事ばかりで

社会に出てからの 恋愛事情は 正に波乱万丈

とにかく ずっと

恋愛体質だった自分の体験から~

結婚して すっかり落ち着いたと 思いながら

今度は客観的に 周りの恋愛事情や

我が子の恋愛事情と 向き合い始めた時期に

気づいた 【思春期の恋愛】

いえ、 大人になってからの

恋愛(得にこの時代だからこその不倫)

これこそ

「自己価値探し」

だと 思えてならないのです。

いつも 言っている

生まれてから 私達が 教え始められる

「自分の価値とは 何かを成し遂げてこそ」

「自分の価値とは 周りに必要とされてこそ」

そんな思いが強まれば 強まるほど

自分が好きになった人に 好かれる事こそ 何よりも至福の自己価値の高評価 やっと 自分の価値を認められる😍👍🏻 と 感じられる一番手っ取り早い方法が恋愛なのだと 思えてなりません。

だから 失恋が辛いのも 引きずるのも そこに

「相手から 否定された自分」

「自分の価値が全否定される」

と 言う感覚を 大きく 味わってしまうから 苦しくて、苦しくて、苦しいのです。

ひとたび

「真の愛」

を 知った人々を 見て下さい。

そこには

「失恋の苦しみ」

「愛する苦しみ」

等 存在しません。

何故なら

我が子への愛同様 本当に 愛する相手であれば

自分と一緒にいるいないは 関係ないし、

本当に 愛されている

と 実感出来れば 何も詮索する事や 相手の行動等

全く 気にならなくなるのです。

「好きな人と 楽しむ時間が持てるだけで幸せ💖」

と 依存する事なく その人の存在に感謝するのみなのです💖💖💖

恋愛で苦しんでいる人(時)は

まさに

自分に自信がない、 自分の価値を感じていない、 自分自身を愛していない

人(時)なのです。

娘達を見ていて

本当に思春期は 一番 心の成長に戸惑う時期だと つくづく 自分を振り返る事が多々あります。

自分の価値を認めたくて

「自分に好意を持ってくれる人が欲しくなる」 「自分がいいな~と思う人に振り向いてもらいたい」

だから 「自己評価が低い子」

は 恋愛体質となり 自分の価値を探し求める

「自分に自信がない」からこそ

他人からの評価に 依存してしまう。

そもそも 本当に自分にとって必要なパートナー を 求める様になるのって

かなり大人になってからだし

勿論 生理的現象として 思春期に 異性を求めるのは 本能です。

でも それと恋愛は やっぱり別物。

だから カラダが求めない限り、

「恋愛」と言うのは 全て

「内なる心の現象」

だと 今私は考えているのです。

今のメロンは まさに「自分探し」の真っ最中

そして それはま 本気で異性を意識する粋まで 達していないと言う 母の直感です。

彼女が 自分で自分を 認め、愛する事が出来れば

「お互いを認め合い 尊重し合う 友人関係そして 恋人関係」 が出来る様になる。 それこそが 人生の宝物💎

だから、 周りからの情報に惑わされず 純粋な気持ちで人と関わって貰いたい

友情でも恋でも

ね😉💖😉💖

とにかく 今の彼女に 立て続けに訪れている 「旧友との再会」が どんな風に彼女の心を成長させるのかが 本当に楽しみ〜〜〜😍

今日からの我が家は4人娘😱👩‍👩‍👧‍👧 かしましそ〜〜〜😆😆😆

今日も 笑顔で過ごしましょう😊

起世子

✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰✰

心と体のハグ✰セラピー プライベートセッション エッセンシャルオイルクラス エッセンシャルオイルセッション 香油瑜伽(アロマヨガ) 遠方の方 スカイプセッションも 随時 承っております。

ダイレクトメールにてご連絡下さいませ。

yogakiyo@gmail.com

~~~~~~~~~~~~~~

多くの方と シェアして頂けると嬉しいです💖

Gradient Test Radial 1.png