太りにくい体作りの3つの要素✰

こんにちは~💖


では、昨日の続きの

「太りにくい体作り」に最も重要な3つの要素をお伝え致しましょう。


まず一つ目が【ホルモンバランスを整える】です。


知る人ぞ知る、ホルモンバランスの大切さ!


ホルモンとは、ざっくり言うと

女性ホルモン、男性ホルモン、成長ホルモンが

知られていますが、


私達の体のさまざまな機能の調節をするホルモンは

実に100種類以上もあるのです。


そんなに沢山ある物をどうやって整えられるの~!?


と、

その方法にヨガが最適なのです✰ 

理由は、ヨガの効果としてよく知られる

「自律神経を整える」


自律神経の働きが乱れると

体の神経伝達物質が乱れる事

すなわち、ホルモン分泌の指令が乱れる

と言う事です。


だから!

自律神経の働きを整える事こそが

ホルモンバランスを整える事であり


正にヨガや瞑想以上に

自律神経を整える術を私は知りません。



二つ目は【循環を良くする】


これは「代謝を良くする」事も含まれていますが、

これまた多くの方が基礎代謝を上げる為には運動重視。

の考え方が多い為、あえて循環を良くすると言う言い方にしました。


何故なら代謝が良くなっても

「心と頭」の循環が滞ると逆にストレスが溜まり、

食べ過ぎや飲み過ぎ又は痩せ過ぎと言う現象が起こります。


“溜めずに流す・入れ替える”

それは血液も、ストレスも、栄養も、そして思考も。

常に循環させる事が太らない健康な体作りの基本なのです。


ヨガで良く言われる

「流れに任せて」


これは、簡単そうで実はとても難しく

気づくと私達は

たいてい流れに逆らったり

流れを止めたりしている

事だらけなんですよね~~~😅



そして三つ目が【腸内環境を整える】


“腸は第二の脳”と言われる程、

私達の健康を司っている臓器です。

そんな腸内環境を整えるにはやはり「食事」ですね。


良い物を、良い時間に、良い分量だけ食べる。

簡単に聞こえますが、現代人にとってこれはとても難しい事です。


私も食べるの大好き!甘い物もお酒も大好き✰なので、

時々胃腸の疲れを感じる事も…


そんな時にはファスティングや腸もみ等で

腸内環境を整えますが、


やはり最も有効なのは 

日常的なヨガと瞑想だと感じています。 


何故なら

「ヨガプラクティスとは気づく練習」だからです。


☆彡今の呼吸に気づくと今の心に気づけます。

☆彡ヨガのポーズをすると自分の体に気づけます。

☆彡瞑想する事で自分の人生に気づきます。


すると自ずから、

ホルモンの乱れや循環の滞り、

そして腸内環境にすら気づく事が出来るので 

食事や運動は勿論の事、

日常生活を意識する事が出来ると言う訳です。


得にこれからの時期、つ

いつい飲み過ぎ食べ過ぎてしまう事もあるでしょう。

だからこそ「ヨガを習慣化」させる事で 

太りにくい体作りをおススメ致します✰ 


習慣化とは「今日やって明日効果が出る」ものではありません、

地道な継続がゆえ それこそが最も難しいのです。


けれでも今日から始める事で 

一か月後、三ヶ月後、

一年後の健康が手に入る事は間違いありません。


一人では難しくても、仲間が一緒だと続けられる!


「香油瑜伽」

現在参加されている方は

全員「定期継続」の方達なんですよ~😲👏👏👏✨


是非、一緒にヨガして

「太りにくい体作り」して

安心してホリデーシーズンを迎えましょう!🎃🦃🎄🎆🎍





本日も、長文読んで下さり

ありがとうございました🙏


Namasute


閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご無沙汰でございます<m(__)m> あっと言う間に10月も終わりに近づき 私のアメリカ暮らしは ハロウィンが来ると、 怒涛の様にイベントが続き あっと言う間に年末が来てしまうイメージです。 勿論、このご時世、 以前の様にはいかないかもしれませんが、 それでも、会食やイベント等 自然と「食べる機会、食べる量」が 増える方が多いのではありませんか? と言う事で、今回は 多くの女性が憧れる 「太らない