• Kiyoko

娘に好かれる父親とは?

父との思い出…

今日は、娘達の学校が早上がりの水曜日。

昨晩 みんなで話し合い、

グランドファーザー(おじいちゃん)

と 一緒にランチしに行こう。

と 計画を立て、

午後2時に終業する娘を

迎えに行った足で

娘達二人と

私と義父の4人で

遅めのランチに出かけました。

義父の滞在も 残り数日。

決して何処か特別な場所や

観光をする訳でも無く

こんな風に 孫達と

一緒の時間を過ごす事が

義父にとって

何よりの至福の時間である事は

私も充分に感じられます。

気持ちの良い

今の時期のアリゾナの昼下がり

お洒落なカフェで

ティーンエイジャーの孫娘達と

ランチをする義父は

喜びに満ちています。

その流れから、

ショッピングモールまで行っちゃう?

な 話しになり、

もうすぐ 卒業シーズンのアメリカの

この時期のお決まりイベント

プロムのドレスを見に。

色々なドレスを試着する

孫娘達の姿を見る

義父の顔は

ほころびっぱなしです。

そんな義父を見ながら…

父の事を思い出していました。

殆ど、

「父との良い思い出」

など ない私に

ふと 蘇った

唯一の父とのショッピング。

年頃だった娘の頃の私が

父と二人でデパートに行き

バッグを買って貰った19歳のあの日

高島屋とか

三越とか?

もはや、覚えて居ない場所だけど

デパートの中を二人で歩き

言葉少なに バッグを選んだあの時間が

鮮明に蘇って来たのです。

サザビーの茶色の皮の

ショルダーバッグ。

父が「これいいね👍」

と 試持ちする私の事を

嬉しそうに見ていた笑顔。

思い出しました😊

そう、

私 ずっと知っていたのです。

父がどれ程私を

愛おしく思っていてくれた事かを

でも

長過ぎた反抗期を過ごしていた私は

父に話しかける事など

殆どしなかった。

スタイルが良く

字が達筆で

石原裕次郎が好きだった父

少ない思い出の中でも

父が私に向けた笑顔は

覚えて居ます。

先日こんな物を目にしました。

「娘が父親を嫌う理由」

取り上げていたのは

日本でよく言われる

「父と洗濯物を分ける娘」

1000人の若者へのアンケートで

「お父さんと洗濯物を一緒にするのが嫌」

38%が Yes!!!

そして