• kiyoko

悲しみのブラックホール

その日・・・・


「これが最後」


と、知ってか知らずか・・・

レオはとても穏やかに

いつもの定位置に横たわりながら

私達家族をずっと目で追っていました。



代わるがわる、

旦那さん、私、娘達、

が 横に寄り添っては

話しかけたり、撫でたりしながら


みんながとても感傷的になっていました。



そんな中、

エンパスな私は

ボロボロになってしまったのです。




自分の悲しみ以上に

家族の悲しみ丸ごとが

細胞に突き刺さる様に


とにかく

私の中に溢れて止まらない

悲しみのエネルギーが


「自責の念」

となって襲ってきたのです😭



あんなに

辛い感情は

いつ以来かしら…



正にブラックホールにハマり


「こんなに苦しいのなら

居なくなってしまいたい・・・」


そんな思いで

涙が止まらないのです。



今考えると

本当に、一体何がどうしちゃったのか


そして、

あのような感情が