• Kiyoko

感情で生きよう💓

おはようございます~Kiyokoです☆彡

そろそろ帰国準備です。

この一週間で・・・

本当に沢山の経験をさせて頂きました。

私自身のチャレンジからココロの解放、 そして どんどん紐解かれる

「今の私に出来る事」 「私自身がやりたい事」

こつこつと 築き上げている出会い

どんどん輪は広がり、 年齢層が広がり、 体験が増える。

今回は「チャレンジ」だったのですね・・・

私にとって これまでにない新しい世界の出会いは

看取りまで行っている介護施設での出会い。

迷い、もがき、 それでも精一杯日々を過ごす 純粋無垢なティーンエイジャー達との出会い。

そこでは これまでとは違う行動をしてみました。

「私自身のココロの思い」を語り、 相手のココロに気づく。

相手の為に何かが出来るとは思っていないけど、 誰かが気づく事で「何かになる」のではないかと願ってしまう。

やっぱり“感情”だよ~

結局全ての問題のカギは

“感情を出さない” “感情を隠す” “感情を殺す”

家庭でも、 学業でも、 仕事でも、 人間関係、 病気、 事故、 犯罪、

全ての問題のカギ、原因、根底、は

「感情」

だって、人間は感情の生き物だから。

なのに・・・ なぜこれほどまでも 私達は

特に先進国の人々は

「感情のままに生きる」事が

苦手になってしまったのでしょうか。

本当に、 本当に「感情のままに生きていては 成り立たない」?・・・

勿論、バランスの問題です。

本能で、感情のままに生きるとは 動物的だから 文明の進化の妨げにはなるのでしょう

この国の(日本もアメリカも) 明らかに バランスが崩れている。 それは 日々の暮らし、 生きている中での 「感情」の比率が激減してしまっているのです。

脳が発達していく分、 ココロではなく 頭(脳)で生きる癖がついてきている。

多くの人が言っていました。

「感情をあらわにしていたら 争いになる」と・・・・

違うよね・・・

感情とは

瞬間 瞬間に

ぽっぽか ぽっぽか

沸き上がるもの

だから その刻一刻に

その感情を表しておけば いえ、きちんと気づいておけば

爆発する程の 大きな物にはならないはず。

感情とは 自分の気持ちだから 相手と違ってあたりまえ

感情を表す事は 決して 相手への攻撃ではなく

誰の事も 何のことも ジャッジしている訳ではない。

なのに・・・

言わずに 表さずに 貯めるから・・・ 刻一刻の感情を 押し殺し、 溢れだすまで ためておくから

爆発するんだよね

自分で感情を抑えて 自分を否定するから

その感情を 誰かに解って欲しいと 外側に求めてしまうんだよ

人間は感情の生き物。

そして 感情とはシンプルに

「喜怒哀楽」

なのにいつからか

びを 「表して良い時」 を選ばなくてはいけなくなり、

りは悪いものだと教えられ、

しみは抑えられる 隠せると信じ込み、

しみの背景には 苦悩が必要だと言う風潮になってる・・・

先に 「今ある感情の理由と原因」 を追及、解決、説明

しなくてはいけないと 考える様になってしまってる。

そりゃ~ 面倒臭いでしょーーーーー

だから感情を抑える 表さない様になってあたりまえだし

ただただ、

「純粋に喜怒哀楽」

を 感じる事が あたかも悪い事の様に

信じ込んてしまった・・・

その結果・・・

「愛」

「幸せ」

鈍感になり はき違えてしまう様になっていませんか?