• Kiyoko

言葉の選択こそが人生の選択になる。

今年も 母の…



バースデーを一緒に

お祝いする事ができました❣️😍



日本に居るこのタイミングで

母の誕生日。

娘と二人で 兄夫婦も合流して

みんな揃ってお祝いで〜す🎂🍻🎁


勿論、母は大喜び😍



また一つ

家族の想い出が出来ました💖




そんな私が今日皆様にシェアしたい事は…



“言葉の選択”

こそが

いつでも簡単に出来る人生の選択


だと 言う事です。




なぜ私達は

責めるような

否定するような

不安を駆り立てるような

言葉を使ってしまうのでしょうか?



過去、

散々そんな事ばかりだった私が

日本語以外の暮らしを

長年したからこそ気づけた



『結局全て習慣』



多くの場合が

そこまで深い意味はないのです。

悪気なく、時には照れ隠しで、

あわよくば愛があるから、


そして何よりも

それが当たり前になっているから…




例えば、


“叱咤激励”


と言う言葉があります。



叱りながら 応援する

励ます、勇気付ける。


良い意味で捉えられていますが


まさにこれは

その人との基本の信頼関係

無しには成立しない事であり、


ましてや

言葉を完全には

理解し合えない

第二カ国語で

しようと思ったら

ほとんどの場合が

人間関係を崩してしまいます。


言葉には

その言葉の意味があるからです。



本気でそう考えると、

責める言葉

否定する言葉

後悔や不安を煽るような言葉


それらは 本当に必要なのでしょうか???




私も ふと意識し忘れると、

まだまだネガティブな

言葉を日常的に発してしまいます😓


“口から吐くのは良い言葉”


朝から晩まで

毎分毎秒意識をしていないと


いとも簡単に

ネガティブな言葉が出てしまうんです。



“ネガティブワード”

(否定的、後ろ向きな言葉)


時と場合によるよ